病理診断科について

2023年4月より病理診断科が開設されました。病理医2名、病理技師2名で業務を行っています。
病理診断科では、患者さまから採取した組織や細胞から病気の診断を行う「病理組織診断」「細胞診断」、手術中に診断をつける「術中迅速診断」等を主に行っており、病院の根幹を支える中央診療部門として、より質の高い医療を提供できるよう常に心掛けております。

病理組織診断

内視鏡検査、手術などから採取した臓器をホルマリンで固定後、標本を作製し、病理医が顕微鏡で診断します。

細胞診断

婦人科、口腔外科、尿、喀痰、体腔液、乳腺穿刺などの検体をスライドガラスに塗抹・染色し、顕微鏡で細胞の良悪性を診断します。

検査

口腔の癌(細胞診)

検査

胃生検

実績

  病理組織診断 細胞診断
2020年 1,211件 819件
2021年 1,246件 908件
2022年 1,197件 1,076件

担当医師

山口 正明

・日本病理学会 病理専門医・指導医
・日本臨床細胞学会 細胞診専門医
・死体解剖資格

宮内 隼弥

・日本病理学会 病理専門医
・日本臨床細胞学会 細胞診専門医
・死体解剖資格