薬剤部について

薬剤部では、地域の皆様に安心して医療を受けていただけるよう、薬の専門家として、安全で効果的な薬物療法の提供を心掛けています。 調剤や服薬指導、病棟薬剤業務などを通じ、チーム医療の一員として医師や看護師など他の医療スタッフと連携をとり、医薬品の適正使用を支援しています。

業務内容

調剤

薬剤部外来患者様・入院患者さまの処方せんに基づいて調剤を行っています。処方歴や病歴を確認し、患者さまが安心してお薬を使用できるよう用法・用量、おくすりの飲み合わせや重複投与の有無などのチェックを行います。 外来患者様へはお薬の効能・効果、副作用、服用方法などの説明とお薬の説明書の提供、また希望される患者様にはお薬手帳の発行・記録を行っていますのでご自身のお薬の管理・記録にお役立て下さい。 随時お薬に関する相談にも応じています。

注射剤調剤

入院患者様の注射薬は、使用量、投与方法、混合による配合変化、相互作用のチェックを行ったうえで、患者さまごとに取り揃えています。電子カルテと連動する調剤支援システムから発行されるラベルを注射薬に添付することで、患者さまの名前、注射薬の内容・投与方法の確認が出来るようになっています。

無菌製剤調製

yaku04無菌環境であるクリーンルーム(無菌室)では、主に食事のとれない方に投与する高カロリー輸液や抗がん剤、院内製剤(治療に必要であるが市販されていない薬)を無菌的に調製しています。

薬剤管理指導

入院患者さまのアレルギー歴・副作用歴と共に使用するお薬を薬歴管理しています。患者さまの病室へ伺い、カルテや薬歴をもとにお薬の効能・効果、副作用、服用方法などを説明したり、患者さまからの不安や疑問にお答えしてます。 また入院前に使用していたお薬の内容、飲み合わせや重複投与、服用状況・副作用などの確認を行っています。これらを行う事により、医師や看護師などと連携をとりながら患者さまがよりよい薬物治療を受けるための支援を行っています。

医薬品情報

医薬品に関する情報は、日々更新されます。薬を安全で適正に使用するために医薬品情報の収集・管理と、スタッフや患者さまへの情報提供、問い合わせへの対応を行っています。

医薬品管理

病院内で使用される医薬品の購入、適正な在庫管理、品質管理(使用期限や保管条件の確認など)を行い、治療に必要な医薬品をスムーズに供給できるように努めています。また各部門へ配置した医薬品についても定期的に点検を行い、保管状況の確認と配置する薬の種類・数量の見直しを行っています。

チーム医療

医師、看護師などの医療スタッフとともに癌化学療法、NST(栄養サポート)、ICT(感染制御)、褥瘡管理、糖尿病などのチームにおいて専門性を活かした活動をしています。 薬剤師としてより高い専門性を発揮できるよう、専門・認定薬剤師の資格取得や専門的知識の習得に努め、医療に貢献することを目指しています。

院外処方について

院外処方についてはこちらをご覧ください。