スタッフブログ 2024/04/04

春の日差しが煌めく頃となり、当院では2024年度入職式を開催することが出来ました。
今年度は100名程の新しい職員をお迎えいたしました。

20240404-01 (2)

井上院長の挨拶から始まり、辞令交付や宣誓と進む中、新しいユニフォームに身を包む 新入職員からは緊張感が伝わってきました。

20240404-01 (1)

こちらは辞令交付の様子です。
皆さん改めて入職を実感されたかと思います。

20240404-01 (4)

Zoomで接続しオンラインにて東上理事長よりご挨拶を頂きました。
全国に70以上ある徳洲会グループ病院でこの日入職式が行われており、Zoom中継で全国の新入職員が理事長のメッセージを聞くことが出来ました。

20240404-01 (3)

入職式を終えるとヘリポートにて毎年恒例の記念撮影。
天気にも恵まれ青空の下、泉ヶ岳を背景に皆さん良い表情をされています!

改めまして新入職員の皆さん、この度はおめでとうございます!
たくさんの新しい仲間が加わり職員一同大変嬉しく思います。
これから私たちと一緒に患者様から安心・信頼される病院を目指していきましょう!

スタッフブログ 2024/03/28

3月22日(金)、院内にて2023年度初期臨床研修修了式が行われました。
研修医2名に研修管理委員長より修了証と記念品授与され、修了生からの2年間を振返ってのスピーチと続きました。

20240328-01-120240328-01-320240328-01-4

当日は昨年たすき掛けで研修にきていた同期の3名も駆けつけてくださったり、一年生からの祝辞や指導医からの激励のお言葉も頂戴し、毎年感じますが、嬉しさの中にも寂しさがこみあげてきます。
またプログラムを遂行するにあたりご指導いただきました協力病院・協力型病院の皆様には大変感謝申し上げます。

4月からのそれぞれの勤務先でのご活躍楽しみにしております。
2023年度初期臨床研修修了おめでとうございます。

20240328-01-1

スタッフブログ 2024/03/19

20240319-01

こんにちは、透析スタッフです。
今回は透析室について紹介致します。

当院透析室では、新病院移転後ベッド数を30床に増床し医師・臨床工学技士・看護師・看護助手が協力して透析業務を行っています。
外来透析患者が全体の約8割をしめており、月・水・金は3部対応(午前・午後・夜間)、火・木・土は2部(午前・午後)透析を実施しています。

その他にも、透析を受けている患者様の緊急・手術目的での入院中の透析対応、仙台市へ旅行や出張などのトラベル透析にも対応しております。

トラベル透析について

定期的に医師・臨床工学技士・看護師・栄養士の他職種でカンファレンスを行い、各患者の状態や定期処方の改善などを行うことで患者が安心・安全に透析を受けられるような体制を作っています。
スタッフ教育指導に関しては、未経験者でも安心して業務を行えるように透析室独自の教育ラダーを導入しており、プライミング操作・機械操作・穿刺過程を約3ヶ月で習得できるよう、看護師と臨床工学技士の他職種でサポート体制を整えて質の向上を図っております。

透析室ページはこちら

スタッフブログ 2024/02/26

皆さんこんにちは、放射線科です。
放射線科では、一般撮影、CT、MRI、TV、RIなど多岐にわたって検査を行っています。
この様々な検査について少しずつ紹介していきますのでどうかよろしくお願いします。

まず第二回目として紹介しますのは一般撮影です。
一般撮影と聞くとあまり馴染みがないかと思われますが、いわゆるレントゲンのことです。
仙台徳洲会病院では多数の診療科が存在しているため、様々な種類のレントゲンを撮影します。

20240226-01 (2)20240226-01 (1)20240226-01 (3)

また最近では二年目の若い技師も一人でレントゲン撮影を行えるように成長してきましたので、温かい目で見守っていただけると幸いです。

検査の中で不安なこと、聞きたいことがありましたら是非技師にお尋ねください。
待ち時間もできるだけ減らせるように頑張りますのでこれからもよろしくお願いします。
次の記事ではCTついてお話させていただきます。

スタッフブログ 2024/02/19

みなさんこんにちは、臨床工学科(CE)です。
現在、臨床工学技士は14人所属しており、臨床工学室は3階にあります。

ここで簡単に仕事の内容を紹介します。
私たちは血液浄化、心臓カテーテル、心臓血管外科、肝臓内科、内視鏡、高気圧酸素、機器管理など様々な場所で業務をしております。
具体的にはその分野で使用する医療機器の操作や保守、管理といった業務をしております。CE室では写真のように様々な医療機器のメンテナンスをしております。

20240214-01

 

今回は簡単に人工透析(血液浄化)についてご紹介します。
透析とはダイアライザーと呼ばれる人工腎臓を用いて血液中にたまった老廃物を取り除き、血液をきれいにする治療方法です。
透析室では医師、看護師、臨床工学技士など様々な医療従事者が協力して治療を行っております。その中で臨床工学技士は、主に回路のプライミング(組み立て)や穿刺、ダイアライザーの選定、シャントエコー、機器管理などをしております。

医師・看護師と比べて聞き馴染みのない臨床工学技士の仕事は一般の方に分かりづらいところがあるかと思いますが、これから少しずつ業務内容について紹介していければと思います。