スタッフブログ 2023/10/06

こんにちは、放射線科スタッフです。
放射線科では、一般撮影(レントゲン)、CT、MRI、TV、RIなど多岐にわたって検査を行っています。
名前だけでは馴染みがない検査もありますので、この様々な検査について少しずつブログで紹介していきますのでどうかよろしくお願いします。

まず第一回目として放射線科の自己紹介をさせていただきます。

現在放射線科では、放射線科医1名、放射線技師21名で日々の業務を行っており、1人1人が責任感をもって、様々な検査を行っています。
夜間帯では当直2人体制で救急車で運ばれてくる患者さまや、外来の患者さまの検査に対応しています。

約二年前、旧病院から新病院になった際に新しい機器がどんどん導入され放射線科もパワーアップしました。
それらの機器を用い患者さまの不安を取り除けるような検査をしていきたいと思いますので、これからもよろしくお願いします。

20230929-01

 

次の記事では一般撮影(レントゲン)についてお話させていただきます。

スタッフブログ 2023/10/04

こんにちは、HCU病棟スタッフです。
今回は当院のHCU病棟について紹介させていただきます。

HCUとは

HCUとは「High Care Unit(重症治療室)」の頭文字をとったものであり、一般病棟よりも重症度の高い患者さまが入院されています。
救急外来や一般病棟から重症度の高い患者さまを受け入れており、手術後を含めさま々な病気を抱えた患者さまなど幅広く対応しております。
また、退院後の生活も考え、患者さまの状態に合わせてリハビリにも積極的に取り組んでおります。

20231003-01 (4)

ご家族面会用の回廊について

HCU病棟には入室された患者さまとご家族の面会ができるようにフロアを一周できる回廊があります。

現在、感染対策のため個室以外のベッド脇での面会は中止させて頂いておりますが、各部屋に設置された大きな窓を介して患者さまと会うことが出来ます。

20231003-01 (3)20231003-01 (2)

コロナ禍で面会が出来ない時間が長くありましたが、実際に患者さまのお顔を見てもらうことで、入院されている患者さまやご家族の不安を少しでも軽減できるよう環境や機会の調整に努めております。

何かお困りの際はお気軽にお声がけ下さい。

スタッフブログ 2023/09/25

こんにちは、仙台徳洲会病院防災委員の総務課スタッフです。
9月15日に泉消防署で開催された訓練に防災委員3名で参加してきました。

当日は多くの事業所からの参加があり、大変盛況でした。

20230925-01 (1)

訓練の内容は
① 1次消火栓の使用訓練
② 2次消火栓の使用訓練
③ 消火器の使用訓練と煙体験
④ VRによる地震体験
の4本立てでした。

 

①②1次消火栓・2次消火栓の使用訓練

20230925-01 (2)

①②の訓練では、仙台徳洲会病院には1次と2次の両消火栓があるため、実際に使用できて大変勉強になりました。
特に1次消火栓は放出する水量が多いので、かなりの水圧がかかります。しっかり踏ん張ってホースを抑えていないと、持っていられない程でした。
また1次消火栓は2人で操作するタイプになり、2人のチームワークが大事でした。
私とペアになった人は風が向かい風になってしまい、しぶきが帰ってきてしまい。かなり濡れていて大変そうでした。

 

③消火器の使用訓練と煙体験

20230925-01 (3)

③の煙体験ではテント内に疑似的な煙を充満させて歩くというものでした。

本当に何も見えず、職員さんが出口で呼んでいるのですが、簡易的な障害物がある中では簡単に進めませんでした。
実際の火災では相当危険な状況だということが体験できました。

 

④VRによる地震体験

20230925-01 (4)

④VR体験では震度7の状況を再現した映像を360°体験できるというものです。揺れも疑似的に感じるほどにリアルだったため、ちょっとだけ酔ってしまいました。

 

今回訓練を通して、消火栓・消火器の使用訓練および煙体験・地震体験をすることができ、非常に勉強になりました。
今回の経験を病院内で活かせるよう、スタッフ内で共有していきたいと思います。
また、今回は火災を想定した訓練が中心でしたが、災害は地震や水害など様々なものがありますので、今後も様々な訓練を継続的に行い、万が一災害があった際に患者さんの安全が確保できるようにスタッフ一同取り組んでいきたいと思います。

スタッフブログ 2023/09/15

こんにちは、薬剤部スタッフです。

皆さんはいつもお薬を何で服用していますか。
多くの方はお水でと答えられるかと思いますが、お茶やジュースでという方も珍しくはないと思います。
そこで少し注意させてください。その飲み合わせは本当に大丈夫ですか。
飲み合わせと聞くとお薬同士を連想するかも知れません。ただ中には飲み物でお薬の効果に影響を与えるものがあります。

20230915

例えば降圧剤の中にはグレープフルーツジュースと一緒に服用すると効果が強まり過度に血圧が下がってしまう場合があります。
血圧は下がりすぎるとめまい・頭痛などの症状がでるため気をつける必要があります。
お薬はコップ1杯程度のお水またはぬるま湯で服用することが推奨されています。
また飲む水の量が少なすぎても誤嚥やうまく溶けずに副作用をきたす場合があるため注意してください。
ただやはりお子様などどうしてもお水で飲むのは苦手な方もいらっしゃるため、何か分からないことがあればいつでも薬剤師にご相談ください。

スタッフブログ 2023/09/08

202309_iji (2)

こんにちは、医事課スタッフです。
今回は病院で最初の窓口である受付の部署、医事課について紹介をしたいと思います。

医事課とは?

202309_iji (4)

患者さまが病院を訪れた際に受付、対応をする窓口業務と、診療費の計算及び診療報酬明細書(レセプト)を作成し、保険者(社会保険支払基金や国民健康保険団体連合会等)に請求する保険請求業務の大きく2つの業務を行っている部署が医事課です。
診療費に関するご相談やその他ご質問などご不明な点がある場合お気軽に窓口にお問い合わせ下さい。

医事課としての心構え

202309_iji (8)

受付業務は医療事務の代表的な仕事です。専門知識以上に人間性が問われる業務であり、来院された患者さまに安心して受診していただく事が大切な役目と考えております。
受付は笑顔を絶やさず臨機応変な対応が必要とスタッフ一同心がけ、患者さまが快適かつ円滑に診療を受けていただけるように外来待ち時間及び会計待ち時間の短縮にも日々努めております。

外来

202309_iji (3)

患者さまが来院した際、最初にお会いするところが医事課となります。来院された方が抱えている病気などの不安を少しでも和らげ、笑顔で、親切丁寧な待遇を行うように心がけています。
外来では主に受付業務、検査案内、会計業務を行います。
医師や看護師、検査科や放射線科などの多職種との関わりも深い部署です。
スタッフ一丸となって患者さま一人ひとりに寄り添った丁寧な診察が行えるよう日々コミュニケーションを大事に業務にあたっています。

入院

202309_iji (6)

入院事務業務は、主に一般的に入退院の手続きや入院診療費の請求業務です。
入院費用は外来費用よりも医療費が高額になるため、高額療養費制度の説明案内も重要業務のひとつです。
入院から退院まで患者さま、患者さま家族によりそって案内をし、患者さまが安心して過ごすためのサポート役を担っております。

時間外窓口

202309_iji (5)202309_iji (1)

平日の時間外、土曜、日祝日に関しましては時間外窓口での受付になります。
入院を必要とするような緊急性の高い患者さまを24時間体制で受け入れております。
当院は救急指定病院の認定を受けており、24時間の救急医療に対応しており、 夜間、休日は当直体制で、内科系及び外科系の医師各1名で診療を行っております。 当直医は専門医でない場合があるため、応急的な処置になってしまう場合や症状によっては来院していただいても診察できない場合もございます。予めお電話でお問い合わせ下さい。
また救急車が重なった場合は、待ち時間が発生する場合もございますのでご了承下さい。

最後に

仙台徳洲会病院の理念である
「あなたとあなたの家族によりそう」
をもとに患者さまによりそった丁寧な対応を心掛けたいと思っております。